CEO message

社長メッセージ

CEO message

人とエネルギーの未来をつくる

人類は農業革命を経て、安定した生活を手に入れました。

近代に入り、産業革命が勃発し、物品が溢れる豊かな時代を築きました。

 

 そして今、第3の波として情報革命が到来し、「 人と人 」「 個人と社会 」「 日本と世界 」「 日本とアジア 」等々、凄まじいスピードで、様々な関係性を変化させています。 物質的な産業の発展は、時代を経て、その象徴となった国々もイギリス、アメリカから日本、そして中国と変遷し、これからはアジアの国々全般へとどんどん移り変わっています。 

通信インフラはさらに進化し、そのスピードを速め、テレビや映画、アニメといったデジタルコンテンツの流通もその領域ごと変化させ、ボーダレスに進化しながら広がっていくでしょう。 

これからの社会では、個人や会社が持つ情報量や選択肢はどんどん増えていきます。

ですが、日本をはじめとする今まで先進諸国ともてはやされていた国々の人口は、少子高齢化をともないながら減少の傾向をたどりつつあります。 

 

このような時代の中で、的確に顧客のニーズをつかんだり、正確な情報を獲得しながら市場を拡大させていくことは至難の業です。ましてや、縮小を続けながらも、高度な情報化が進む日本国内経済だけを市場とすることは、ほとんどの企業にとって衰退を意味することになるでしょう。

ですから、私たちエンブリッジは日本国内だけを市場とする事業づくりから、日本にいながらにして、アジアを市場としていくための事業づくり、ブランディングをお手伝いしていける会社として成長しつづけたいのです。   

 

これが創業からの、エンブリッジという社名に込めた想いであり、信念です。 

 Contents・Community・Communication 

すべての事業構想をこの「 3つの“C” 」から考え、日本のもつ歴史や文化、そしてなにより、わたしたち日本人の性質そのものこそ、アジアの発展に!

 アジアが世界からもっと必要とされるために! 必要とされるものであることを確信しています。 

あらゆる才能を結集させ、アジアをもっと近く、世界をもっと面白くしていきたい!

そして、新しい時代の流れに翻弄されずに、自分たちらしくあるためにも、先人達が残してくれたたくさんの遺産から学び続ける姿勢を忘れずにいることも大切にしたいのです。

エンブリッジ株式会社
代表取締役