3年連続で工場・事業場などの省エネルギー事業を支援する「エネマネ事業者」に採択

emslogo02

2022年5月24日
エンブリッジ株式会社

エンブリッジ株式会社(本社:大阪市西区新町2-4-2 代表取締役:赤井基純)は、経済産業省(実施団体:一般社団法人環境共創イニシアチブ(SII))がおこなう令和4年度「先進的省エネルギー投資促進支援事業費補助金」に係るエネルギー管理支援サービス事業者(エネマネ事業者)登録に応募し、2022年5月24日にエネマネ事業者として採択されました。3年連続の採択となります。

エネマネ事業者は、建物にEMS(エネルギーマネジメントシステム)を導入し、工場や事業場の省エネルギーやピーク電力削減に貢献します。

エンブリッジでは、省エネ化・低炭素・脱炭素を含むエネルギーマネジメントを重要な事業領域と位置づけており、昨今の燃料費の高騰等によるエネルギーコストの課題解決には大きく貢献できるものがあると考えております。
病院や介護施設、工場、スーパーマーケットなど幅広い業種において、エスコ事業を始めとしたさまざまなサービス・ソリューションを展開しておりますので、エネルギーコスト最適化に課題をお持ちのお客さまはお気軽にお問い合わせをお願いいたします。

エンブリッジのビジョンである「人とエネルギーの未来をつくる」のもと、今後もSDGs(持続可能な開発目標)の達成に向けて、省エネ・省CO2を実現するさまざまな手法を提案し、地球環境保全に貢献してまいります。

この投稿が気に入ったら是非シェアしてください

Share on facebook
Share on twitter
Related

関連する記事