信賞必罰

placeholder

5年目をスタートするにあたり

少し、自分の今までの経営のあり方を

振り返ってみた。

       信賞必罰 

ということのあり方について

考えつづけてきた4年間でもあった。

称されるべき行為・結果に対しては

賞として報いる。

組織としての 原理原則 が

犯されたときには躊躇なく罰する。

これらが保たれなくなったときに

組織は間違いなく崩壊する。

しかし・・・

わかってはいるが

これが、なかなか出来ないものなのです。

特に小さい組織の場合は

様々な意味において

社員バランスが保ちにくいことが

一番の要因かと思う。

賞することは良いが、罰は難しい。

近年、 モチベーション や 社内風土カイゼン など

ということが経営の中の流行言葉のように使われるが

わたしは少々、 違和感 を感じる。

それらは誰かや、組織から与えられるべきものなのか?

気を配られるべきものなのか?

それらは、個々の意志で産み出され、
            
          育むべきもの
 ではないのか?

こう感じながら、まだまだ未熟な経営に

自分なりの経営観を貫くべく、5年目を目指すことにします。

この投稿が気に入ったら是非シェアしてください

Share on facebook
Share on twitter
Related

関連する記事

緊急時にこそ

今日までの企業さんが多いのでしょうね。 なんとなく、ガヤガヤ騒がしい感じがいたします。 年末の挨拶回

2008年の最後の日

エンブリッジの2008年が今日で終わります。 本当に アッ という間の 一年間でした。。。 年々、一

想い

人の想いは複雑である。 また、その想いを人につたえることは とても難しい。 言語不一致なく、想いを表

あと11万6800時間

「 光陰矢の如し 」という言葉があります。 今わたしは39歳ですが、 明らかに小さかった子供の頃より

奇跡のリンゴ

「奇跡のリンゴ」 の話はご存知ですか? 青森の木村さんが完全に無農薬で栽培された、    幻のりんご