久しぶりの東京

placeholder

昨日久しぶりに東京へ出張していました。

昨年の暮れに、

   “ トコトン関西に強い企業になってやる!! ”

と決めてから、少し意図的に関東への出張も減らしていました。

ゆえに、とっても久しぶりの東京でした!

 

東京駅に降り立ち、まず感じたのは

 

・・・・

・・・・・・・・・

 

な、なんか痛い。。。

顔がピリピリする。。。

 

 

花粉か黄砂が多いぞ!!??

 

これが、久しぶりの東京への所感。

セカンドシティーである、大阪の街が小さく感じるほどの

圧倒的なビル群、人の多さ。

なにからなにまで

東京は巨大な世界都市です。

江戸を拓いた、徳川家康公は

どんな想いで、今の東京を日光から眺めているのか。。。。

と、フッと想像した東京でした。

この投稿が気に入ったら是非シェアしてください

Share on facebook
Share on twitter
Related

関連する記事

雨ニモマケズ

雨ニモマケズ   詩人の宮沢賢治に「雨ニモマケズ」という有名な詩。 わたしはこの詩が大好き

自分の感受性くらい

「 茨木のりこ 」さんという詩人はご存じですか? とても印象的な詩人です。 彼女の代表作である、「 

木鶏

大相撲は八百長疑惑でたいへんなことになっていますね。 ほんの少し前に、横綱白鵬が双葉山のもつ69連勝