【読書版】 最初の第一冊!!

placeholder

 

   V字回復の経営    ~ 三枝 匡 ~

       日経ビジネス人文庫

これは見事な名著です!

こんな具体的な経営戦略書はなかなかないのでは??

と思えるほど。

私も紹介されて読んだ本ですが

この本は、毎日持ち歩いています。

そのぐらい、わかりやすく

また、一度読んだだけでは消化しきれないぐらいの

具体的、かつ 実践的なビジネスの知恵が

たくさんつまっているのです。

わたしも会社でなにかあったり

うまくいかなかった時に

いつものぞくようにしています。

 

基本的な啓発書とこの一冊だけで

充分な気がするぐらいの一冊ですよ!

 

この本には、本当にたくさん好きな言葉がつまっているのですが

わたしが一番好きな言葉は

 P133 6行目

 「 その答えのほとんどを君たちは すでに 知っている 」

 

これが記念すべき 【読書版】KOTODAMA シリーズにて

選んだ一言です。

 

この言葉に、経営者が現場のみんなに言葉をおくるとき

想いをおくるとき。

その時の気持ちがすべて込められている。。。

そんな風に感じることができる言葉なんです。

この投稿が気に入ったら是非シェアしてください

Share on facebook
Share on twitter
Related

関連する記事

想い

人の想いは複雑である。 また、その想いを人につたえることは とても難しい。 言語不一致なく、想いを表

新卒者面接

今日は少し久しぶりの 新卒者面接前の 会社説明会。 なんだか、初初しい気持ちでした。  

 『 日本はどうなるの? 』  これが最近、ほんとうに日々想うことです。。。 しっかりと指針を示せな

奇跡のリンゴ

「奇跡のリンゴ」 の話はご存知ですか? 青森の木村さんが完全に無農薬で栽培された、    幻のりんご