自燈明 と 法燈明

placeholder

伊達政宗はご存知ですか?

わたしとしては好きな武将の3本の指にはいります。

その政宗公を幼少のときから、厳しく育てた

“ 虎哉禅師 ” はご存知でしょうか?

この偉大なるお師匠さまの教えが、

政宗公の人としての基礎をつくったといわれています。

その教えの基礎、

つまり土台が 「 自燈明 ・ 法燈明 」 ということなのです。

元々はお釈迦さまの教えだそうです。

自燈明 と 法燈明 は

虎哉禅師が政宗公を指導していく上での

大きな 方針 を示した考えかたと言われています。

 

自らを燈明として、 自らを拠りどころとすべし。

決して 他人をあてにしてはならない。

 

しかし、人は自分では まだまだこの世を照らす燈明は
持っていないもの。

その場合、法を拠りどころとして 他人を頼ってはいけない。

法とは 天地の自然、宇宙の自然のことである。

これを拠りどころとして 他人を頼らず修行すること。

さすれば、自分の燈明であたりがよく見えるようになる。

 

いかがでしょうか?

他にもこのように言われています。

 

将たるものの器として

 

卓抜した豪快さの裏に慈悲の心があり 細心でありながら

清濁あわせ呑む度量を持つこと

 

頑張ります!

この投稿が気に入ったら是非シェアしてください

Related

関連する記事

兄貴分

つい先日、久しぶりに大学時代の友人と食事をした。 大学時代に共に商売して、私の兄貴分だ。 彼は経営者

今という時代に

今、何が売れるのか?     「 どんなモノを扱ったらよいと思います??? 」 &nbsp

ICRT

昨日は ICRT という 大阪が力をいれて取り組んでいる ロボット技術(以下、RTと省略)の展示会が

たこ焼き

先日、たこ焼きを焼きました。   美味しいですよね~ 家でする たこ焼き は。 ゆっくり、

人材が動く 2

国内の経済環境の急激な変化のせいか エンブリッジにもたくさんの履歴書が届きます。 わたしたちのような