チャンスは常に前方にあり!

placeholder

つい先日、RT(ロボットテクノロジー)技術の

研究会の事務局をおまかせいただき

研究会を開催しました。

 

その研究会メンバーは、

 

・大阪市

・RT技術(製品)を販売する 商社

・RT技術のコーディネーター

・メーカー

・電力会社

等々、

 

少人数ながら精鋭メンバーでした。

ここでのお話が、いまの時代を象徴するような

生々しい話のオンパレードで大変勉強になりました。

皆さん、まさしく日本のモノづくりを代表される

仕事に従事されているメンバーなわけです。

その方々がおっしゃることですから、

まさしく、

 

  “  日本の生産現場で何が起こっているのか!!  ”

 

が伝わってきます。。。

新聞やTVニュースから伝わってくる以上に

工場を中心とした、モノづくりの現場は大変な状態のようです。

象徴的なお話をひとつご紹介します。

 

ある工具大手メーカーは前年対比90%ダウンとのこと・・・。

90%ダウンということは、

前年が1000億円だったとしたら、

今は100億円ということ・・・・???

エライことです!!(汗)

工具といえば、車や家電などを生産するために

必要なロボット(生産財)などをつくる際には

当然必需品。

 

お米をつくるには農具が必要です。

服をつくるにはハサミや生地が必要なように

モノづくりの基礎、一番の底辺を担うのは、工具なわけです。

 

その業界の大メーカーの売上の現状が

その様子だと、これからのモノづくり現場は一体どうなるのでしょうか???

車や家電など、モノを生産される見込みがないから、

それらをつくる大きな機械(ロボット:生産財)もいらない。

そうなると当然、機械をつくったり、調整するための工具も不要。

すべては連鎖した関係で成り立っています。

ご存知のように日本の成長は

モノづくりにより成り立ってきました。

これからどうなるのか想像すれば、

不安に陥りそうなものですが、

皆さん、だからこそ真剣でした。

 

現場のニーズは何なのか?

どこにニーズがあるのか?

本質的な問題点はなんなのか?

小さくとも、今すぐビジネスになる種はどこに潜んでいるのか?

これから何が求められていくのか?

それぞれの立場から、活発な議論が

沸き起こりました。

その光景に、

 

    “ 日本はいける! ”

 

わたしは素直にそう感じました。

日本人のもつ勤勉さが

必ず新しい価値を生む。

  

   チャンスは常に前方にあり!!

 

逆をいえば、後ろに答えや出口が

待っていることはないのです。

この投稿が気に入ったら是非シェアしてください

Related

関連する記事

奇跡のリンゴ

「奇跡のリンゴ」 の話はご存知ですか? 青森の木村さんが完全に無農薬で栽培された、    幻のりんご

雨ニモマケズ

雨ニモマケズ   詩人の宮沢賢治に「雨ニモマケズ」という有名な詩。 わたしはこの詩が大好き

天下人の心

北条早雲の時代より続いた 長きに渡る、 戦乱の世を、 日本の戦国時代を最期平定させたのは 徳川家康公

緊急時にこそ

今日までの企業さんが多いのでしょうね。 なんとなく、ガヤガヤ騒がしい感じがいたします。 年末の挨拶回

無と有

エンブリッジは、情報・知(インテリジェンス) 文化を提供していけるような会社にしていきたいとの 願い