和洋菓子販売店舗

エネルギーマネジメント事例・実績

株式会社青木松風庵
和菓子「みるく饅頭・月化粧」といえば、一度は目、耳、口にされたことがある方も多いのではないでしょうか。
株式会社青木松風庵様は、大阪地区にて18店舗、和歌山地区にて8店舗の直売店を持ち、月化粧をはじめとする和・洋菓子の製造・販売をされています。

単にコストを下げるだけでなく、その成果でさらなる追加投資を

経営視点で考えた場合、コストの平準化は非常に重要

導入目的

1. 高騰する電気料金の削減をしたい
2. 削減効果からさらなる設備投資を実施したい

導入効果

消費電力量 年間 約69.8% 削減
電気料金 年間 約240万円 削減

導入規模

3店舗導入
蛍光灯8W・15W・45.5Wタイプ 435本
スポットライト8W、10Wタイプ 117台
クリプトン4Wタイプ電球 46個
埋め込み型スクエアライト 53台

project_shofuan_img

お客さまインタビュー

同社は2016年1月にLEDエスコサービスを導入。代表取締役社長の青木様にお話を伺いました。

ランニングコストを抑え、コストの平準化を図ることができるのが魅力

project_shofuan_02

—–LEDエスコサービスの導入を考え始めたきっかけは?

青木社長:電気料金の高騰が一番大きな理由です。ただ単に現状のコストを下げるだけではなく、削減できたコストメリットでさらなる追加投資ができればと思っていました。

—–弊社からの初回提案時の感想をお聞かせください。

青木社長:こんな考え方もあるんだなという感想を持ちました。削減された中からの支払いで、初期投資がかからない。つまり、ランニングコストが抑えられ、コストの平準化が図れますし、経営を考える場合、非常に重要視できる点だと感じました。

—– 御社の場合は少し違う角度から質問いただいたのを覚えています。

青木社長:1月に決算を控えており、おかげさまである程度の利益が見えているところでした。店舗のリニューアルもそのタイミングで実施する予定でいました。そこでこのエスコの考え方に基づき、LED照明を一括で購入することができたらなと考えていたんです。

—– エスコの考え方に基づいて、とおっしゃっていただいていますが、通常の物販でのご検討はされなかったのでしょうか?

青木社長:数社にしていましたが、安い買い物ではないですし、良いものを長く使いたいと考えていました。通常の物販ですと、商品保証が短く、何か問題が起きた時が心配だったこともあり、こういった考えに至りました。

全商品が日本製で、長期保証があり、照度など細かな調整ができるのが決め手

—–導入前には不安はありましたか?

青木社長:特にありませんでしたね。ただ強いて言いますと、店舗の内装工事とバッティングしていたため、照明の工事とぶつかり、順調に作業が進まないことがあるのではという懸念はありましたが、スケジューリングをうまくしていただけるかどうか、ということだけでした。
現地調査時の商品の数量確認であったり、提案いただいた資料からも「しっかりしている」ということを強く感じていましたので、問題ないだろうとは思っていましたよ。

—–導入の最大の決め手はなんですか。

青木社長:押しでしょうか 笑。
好意にさせていただいている先輩経営者さんからの紹介ということもありましたし、全商品が日本製で長期保証があるという点と細やかな調整が可能ということも決め手に挙げられます。
また色々と調整も尽力いただきましたし。

提案いただいた数値よりも、若干多く電気料金の削減ができている

project_shofuan_03

—–導入後の感想を教えてください。

青木社長:店舗からの暗い等のクレームもなく、現時点では非常に順調です。

—–導入して数ヶ月経ちましたが、導入後の経過はいかがでしょうか

青木社長:導入してから3ヶ月の数値を測ってみましたが、ご提案いただいた数値よりも若干多く電気料金の削減ができており、このまま流れていけば非常に良い提案を受けることができたと感じています。
早くわかっていたら、もっと早く導入していたのに(笑)
この削減できたコストを元に、他店舗の導入も検討していますので、よろしくお願いしますね!

—–ありがとうございました!

CORPORATE PROFILE

project_shofuan_site
名称株式会社青木松風庵
URLhttps://www.shofuan.co.jp/
所在地大阪府泉南郡岬町深日1542-2
事業内容和菓子、洋菓子の製造及び販売