ゆく2008年 くる2009年

placeholder

2008年がもうすぐ終わります。

皆さんどのような年になりましたか?

わたしにとっての2008年は

一文字で表せば

 

     人

 

です。

人にはじまり

人に終わった一年でした。

経営者となり五年が過ぎ、

毎年毎年が  に悩み

 で喜んできました。

ですが、いままでの五年の総決算ともいうべき年でした。

思えば、創業以来

たくさんの  と出逢いました。

社内、社外に関わらず

たくさんの方々との出逢いにより

今日があります。

そんな中で、今年はエンブリッジにとって

人材の 潮の目 が変わった年となりました。

そんな風に感じていました。

 

とてもユニークなひと。

これからがとても楽しみなひと。

はじめて出逢ったときからは想像できない程

成長したひと。

 

今までのわたしにとっては

ニュースの中だった人材との出逢い。

彩り豊かな人材との出逢いが

2008年にはありました。

事業は  です。

それだけは常に尊重してきました。

 

2009年のわたしの課題は

このような人との出逢いをいかに活かしていくのか。

これに尽きます。

 

情緒的な判断を捨て

今、なにが必要なのかを見据えて

ただ、  だけを見つめ、

チャレンジしていく一年にしたい。

 

それが新しい年を前にした

今の気持ちです。

みなさま。

よいお年を!!!

この投稿が気に入ったら是非シェアしてください

Share on facebook
Share on twitter
Related

関連する記事

BIRTH

実家で飼っている、マル (トイプードル)に   昨日 “ 赤ちゃん ” が誕生しました!!! アップ

 『 日本はどうなるの? 』  これが最近、ほんとうに日々想うことです。。。 しっかりと指針を示せな

不二子ちゃん!

人材がベンチャー企業の命です。。。 また、ベンチャー企業の社長さんが 一番欲しいものも、 “ 人材 

3才までの教育論

皆さんの学生時代はどんな子供でしたか? 勉強がよくできる子? 足が速く、いつもリレーの選手? わたし

レッドマン

わたしたちエンブリッジの シゴト は時に 頭を  柔らかく、柔らかく しておく必要があります。 大真

安岡正篤先生と田中角栄

このお二人は、両名共にわたしにとっては 大変尊敬している人物なのですが、 そのお二人の間に面白いエピ