緊急時にこそ

placeholder

今日までの企業さんが多いのでしょうね。

なんとなく、ガヤガヤ騒がしい感じがいたします。

年末の挨拶回りも、今日がピークです。

このような年の瀬には

様々なことが起こります。

 

今年中に収めてしまいたいこと。

年内に定かにしたいこと。

来年のスタートに向けて、調整してしまいたい案件。

今年中に、しっかり確認しておきたいこと。

 

・・・etc

 

つまり、みんな

 

   なにかを急ぎたい

 

ことが多いのも年の瀬の特長かもしれませんね。。。

 

こういう時は、皆が急ぎたいわけです。

 

緊急時には普段は感じることの出来ない

人の本質がよく見えます。

 

・・・・・本当に。。。

 

意外な発見で喜ぶこと。

信じてたけど・・・。 残念な側面。

 

その人の本質とは、 本気 の状況や状態でないと

つかめないものです。

こういうときこそ、 さすが! と思われる

人物でありたいですね。

この投稿が気に入ったら是非シェアしてください

Related

関連する記事

飛び込み

今日、 ほぼ、 飛び込み で エンブリッジに来てくれた ある営業さんと 出逢った。 とても良いご縁を

久しぶりの東京

昨日久しぶりに東京へ出張していました。 昨年の暮れに、    “ トコトン関西に強い企業になってやる

あと11万6800時間

「 光陰矢の如し 」という言葉があります。 今わたしは39歳ですが、 明らかに小さかった子供の頃より

疾くあること

コンサルティング会社や企画会社。 これらの業種は一般的に業務時間が長くなることが 常とされている風潮